【紙上コンサルティング 中小企業のスモールM&A活用】人材不足の解決策としてのスモールM&A活用法 :: リフォーム産業新聞-トレッキングポール

1975年に映画化された『ロッキー・ホラー・ショー』は
レックス改名後1発目のシングル「Ride A White Swan」
 [MEDIA]  NHK総合テレビ「おやすみ日本 眠いいね!」への生出演が決定!

2月15日(土)24:35よりNHK総合で生放送される「おやすみ日本 眠いいね!」への生出演が決定しました!
「おやすみ日本 眠いいね!」は、宮藤官九郎さんと又吉直樹(ピース)さんが全国の眠れない視聴者から寄せられる声に耳を傾け、ゲストとともに安眠できるトークや企画を繰り広げる番組です。
今回はゲストとして、歌舞伎役者・俳優の中村七之助さんとともにハナレグミが出演させていただきます!
番組では現在、視聴者からのメッセージを募集中!ぜひ、番組HPから応募ください♩

■NHK総合テレビ「おやすみ日本 眠いいね!」
放送日:
千葉県幕張市内で8社と「SDGs」をPRするイベント「幕張ベイタウンDogフェス2019」を開催した

【紙上コンサルティング 中小企業のスモールM&A活用】人材不足の解決策としてのスモールM&A活用法 :: リフォーム産業新聞-トレッキングポール

 [MEDIA]  テレビ朝日のCSチャンネル1にて、2019年に出演した新インドア・フェス「Q」のオンエアが決定!

昨年出演したフェス「Q」のオンエアが決定!
最高の音楽をインドアでゆったりと快適に楽しむことができる新しいタイプのフェスの模様をぜひご覧ください♩

■テレ朝チャンネル1「新インドア・フェス<Q>」
放送日:
イベントには親子連れを中心に900人以上が来場し
自身のデビューを取り巻く過剰な広告キャンペーンの波に呑まれかけていた

 [LIVE]  ハナレグミ 弾き語りワンマン野外ライブ、「THE MOMENT 〜acoustic with moon light〜」開催決定!チケットのオフィシャルHP先行受付中!

全公演チケット完売となった「THE MOMENT」ホール公演に続いて、春の野外で弾き語りバージョンの「THE MOMENT〜acoustic with moon light〜 」の開催が決定しました!
チケットのオフィシャルHP先行も受付開始です!
野外での弾き語りワンマンライブは2009年の「弾き旅だよ人生は!」以来、実に11年振りとなります。皆さん、是非遊びにいらしてくださいね。


「ハナレグミ THE MOMENT 〜acoustic with moon light〜」
<日程>
(土)東京・日比谷野外大音楽堂
OPEN/START
 リフォーム事業に本格参入 ひらせいホームセンター
チケット代(すべて税込):指定席 ¥6,050、立見 ¥5,500
問:水まわり専門店「リフォラボ」初年度3億円超え

(水・祝)大阪・服部緑地野外音楽堂
OPEN/START
 15:45/16:30
チケット代(すべて税込):指定席 ¥6,050、芝生席 ¥5,500
問:1339号 (2018/12/03発行) 1面

※4歳以上チケット必要、3歳以下膝上可。但し、お席が必要な場合はチケット必要
※お子様のご入場に関して:他のお客様のご迷惑にならないことを前提にご購入、ご来場ください


■申込ページ

article 【紙上コンサルティング 中小企業のスモールM&A活用】人材不足の解決策としてのスモールM&A活用法 :: リフォーム産業新聞

※ディスクガレージオフィシャルサイトからはお申込みできません。
必ず上記申込ページURLよりアクセスして下さい。

■オフィシャルHP先行受付(抽選)
中古住宅の売買に伴うリフォーム獲得に注力する

■当落発表予定日
(水) 夜

■お支払い期限(コンビニ支払を選択の方)
(月・振休) 23:00

■受付について
・お申込みはディスクガレージ インターネットチケット販売サイト『GET TICKET』をご利用頂きます(PC・スマートフォンよりご利用ください)。
・初めてご利用の方は、『GET TICKET』への会員登録(無料)が必要です。
・本受付は、必ずしも優先的に良いお席・整理番号をご用意するものではありませんので予めご了承下さい。

■お申込後の住所変更・申込内容確認はこちら


【受付に関するお問合せ先】
ディスクガレージ最もよく聞くテーマは人手不足に関することです

■「THE MOMENT」特設サイト
 [MEDIA]  東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」の模様がWOWOWにて4月放送予定!

いよいよ本日スタートの東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」。
東京スカパラダイスオーケストラをバンドに迎えた「〜HORN NIGHT〜」、 LITTLE CREATURES鈴木正人率いるバンドと美央ストリングスを迎えた「〜STRINGS NIGHT〜」の模様をWOWOWにて4月にお届け予定です!
全公演ソールドアウトとなってしまったこのMOMENTをお見逃しなく♪

レイチェル・スティーヴンスは「I Said Never Again (But Here We Are)」でチン=チャップマンのフックを借用

 [GOODS]  東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」オフィシャルグッズ公開!会場にてオフィシャルグッズ先行販売も実施!

会場限定ワンコインCDの詳細に続き、東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」オフィシャルグッズを公開です!
サイトヲヒデユキ氏によるシンプルでインパクトのあるロゴデザインを中心に、今回は永積本人が描き下ろした“MOMENTな人々”イラスト(本人曰く、顔面写経!)をモチーフにしたアイテムも作りました!
是非、皆様のMOMENTなLIFEのお供にしてください♩

<グッズ先行販売日時>
◉東京 NHKホール
これまで戸建て住宅の事例が応募の大半を占めていたが
◉大阪 オリックス劇場
1323号 (2018/08/06発行) 20面

※グッズ売場では、現金のみのお支払いとなります。
※CDはグッズ売り場にて販売します。
※「独自のLIFE」は、お一人様につき一枚ご購入できます。
※チケットをお持ちでないお客様もご購入いただくことができます。
※先行販売時間は、当日の状況により変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※開演直前のお時間は混雑が予想されます。当日はお時間に余裕を持ってお越しください。
※不良品以外の商品の返品・交換はお受けできません。購入された商品を受け取る際、商品に間違いがないか必ずご確認ください。
※各商品には数に限りがございます。在庫終了次第、予告なく販売は終了致しますのでご注意ください。

■「THE MOMENT」特設サイト
1381号 (2019/10/21発行) 23面

 [RELEASE]  東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」はいよいよ2/7(金)スタート!会場限定ワンコインCD「独自のLIFE」詳細発表!

いよいよ今週2/7(金)から始まる東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」。
すでに発表されていた会場限定ワンコインCD「独自のLIFE」の詳細が決定しました!

東阪ワンマンホールツアー「THE MOMENT」の為に書き下ろされた新曲「独自のLIFE」。
作詞:原田郁子・永積 崇、作曲:永積 崇、編曲:「寸法」を含む記事の検索結果 :: リフォーム産業新聞

一聴してわかるハナレグミの新境地。
mabanuaが手掛けるカラフルな打ち込みサウンド、原田郁子ならではのハッピーでハートウォーミングなリリックをハナレグミのそのオーガニックな歌声で、自由にそして雄弁に、日々を、暮らしを、高らかに謳う、笑顔と祝福とファンクネスに満ちた楽曲です。

会場限定の販売ですが、グッズ売り場を会場の外に設けておりますので、チケットをお持ちでないお客様もご購入いただくことができます。
ぜひ、会場へ足を運んでご購入ください♩


■「THE MOMENT」特設サイト

素晴らしい曲を書くことのできる完璧なショーマンでもあった

[永積 崇 TAKASHI NAGAZUMI](、東京生まれ)。
高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。
1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。

2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でひっそりとソロ活動をスタート。同年10月、1stシングル『家族の風景』、11月には1stアルバム『音タイム』をリリース。 ギター片手に単身、全国のライヴ・ハウスを廻る。
100%理解してもらうにはどんな説明がいるのか日々研究している
2004年、2ndアルバム『日々のあわ』をリリース。全国ツアーはNHKホールを含む全公演がソールドアウト。

2005年、完全自宅録音による3rdアルバム『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』をリリース。夏にはSUPER BUTTER DOGの代表曲をタイトルにした竹中直人氏監督映画「サヨナラCOLOR」が公開となり、エンディング・テーマとして忌野清志郎氏とのデュエットも披露している他、サントラも担当する。 同年9月、初のベスト・アルバムをリリース。その10日後の9月24日に東京・小金井公園にてワンマン・フリー・ライヴ『hana-uta fes.』を開催。台風の影響による大雨から一時は開催自体が危ぶまれたものの、なんと2万人もの観衆が会場に集結。予想以上の大成功を納めた。

2009年、シングル「光と影」・アルバム『あいのわ』をリリース。4年半ぶりとなる全国ツアーでは12公演を遂行し、ファイナルの日本武道館では約1万人の観客を圧倒するステージを披露した。

2010年3月「TOUR あいのわ「タカシにはその器はないんじゃないかしら…」と母は言ったのであった。@日本武道館」をリリース。10月には全国Zeppツアーを遂行。

2011年は、FUJI ROCK FESTIVAL’11/GREEN STAGEをはじめ、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZOへは大トリとして出演、ARABAKI ROCK FEST.11では初日のトリとして多彩なゲストを迎えセッションを披露するなど各地の観衆を魅了した。9月に5thアルバム「オアシス」をリリース。
リフォーム10%増 :: リフォーム産業新聞
2012年1月からは全国ツアー「TOUR オアシス」を開催。また、サントリー「角ハイボール」のCMソングとして、ハナレグミによる「ウイスキーが、お好きでしょ」がオンエアされた。

2013年5月には、時代を越えて歌い継がれる12の名曲を、多彩なゲストミュージシャンを迎えてレコーディングしたハナレグミにとって初となる待望のカバーアルバム『だれそかれそ』をリリース。

2014年1月には、茂木欣一(スカパラ/FISHMANS)、加藤隆志(スカパラ/LOSALIOS)、柏原譲(FISHMANS/Polaris/OTOUTA)の3人によるバンドSo many tearsと各地180分を超える熱演を繰り広げた伝説のツアーのライブ盤、ハナレグミ・So many tears『どこまでいくの実況録音145分』をリリース。

に、4年ぶり6枚目となる待望の新作、アルバム「What are you looking for」をリリース。自身の楽曲に加えて、野田洋次郎(RADWIMPS)、YO-KING(真心ブラザーズ)による楽曲や、池田貴史(レキシ)、大宮エリー、辻村豪文(キセル)、堀込泰行(exキリンジ)との共作楽曲、ライブではお馴染みの曲であり、ファンにとって待望の商品化となるASAのオリジナル楽曲に永積が日本語詞を書き下ろした「360°」を含む全13曲が収録されている。9月からは、ハナレグミ 弾き語りツアー「弾きが旅ばっ旅」を開催。盛況のうちに幕を閉じた。

から、「ハナレグミ Tour What are you looking for」が9箇所10公演で開催され、大盛況にて終了した。また、5月21日にロードショーとなる是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』の主題歌に新曲「深呼吸」決定し、5月25日(水)に発売された。また、主題歌以外にも本編の音楽も担当している。

からライブハウスツアー「名前のないツアー」が17箇所18公演開催され、大盛況にて終了。 また、2016年に所属事務所の10周年を記念し開催された「Laughin’10周年突入記念イベント La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」。の公演が収録されたBlu-ray&DVDが4月26日に発売。2年ぶり7枚目となるオリジナルアルバム「SHINJITERU」を10月25日(水)に発売。ライブハウスツアー「名前のないツアー」にてサプライズ演奏された「ブルーベリーガム」「秘密のランデブー」や、昨年公開された是枝裕和監督映画「海よりもまだ深く」主題歌「深呼吸」もアルバム初収録となり、全11曲収録されている。11月7日(火)からは、金沢Eight Hallを皮切りに12月の国際フォーラム ホールAまで全国計8カ所のツアー「SHINJITERU」が開催され、大盛況にて終了した。

2018年は6月8日(金)宇都宮公演を皮切りに全国14都市・全14公演に亘るワンマンライブツアーを行い、06月21日(木)の赤坂公演が即日完売のため、東京・新木場Studio Coastでの追加公演も行い、こちらも完売となり、大盛況で終了した。10月からはハナレグミとフジファブリックによるスペシャルユニット「ハナレフジ」の待望のファーストツアー「ハナレフジ LIVE TOUR“宝船”~僕らはすでに持ちあわせている~」の開催も決定している。

その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。
東京オリンピックの1964年からスタートしたユニットバスも黒字になるまでに時間がかかりましたね
<主な楽曲提供>
太田裕美「きみはぼくのともだち」※作曲
小泉今日子「きのみ」※作詞・作曲
児玉奈央「spark」※作曲、児玉奈央さんと歌詞を共作
Bird「よみがえれ」※作曲
原田郁子「トゥインクル」※作曲、「あいのこども」※作曲、「やわらかくてきもちいい風」※原田郁子さんと曲を共作

<主なCM>
サントリー角ハイボール「ウイスキーが、お好きでしょ」
グリコ みんなに笑顔を届けたい「ドレミの歌」 ※出演あり
アサヒビールくつろぎ仕込<4vg>「はじめてのチュウ」※ナレーションも担当
ハウスメイト「PEOPLE GET READY」
YEBISUエビス・ザ・ホップ 「第三の男」※出演あり
ニッカウヰスキー「夢で逢いましょう」
資生堂専科CMソング
ハナレグミ と うんだらか楽団「うんだらか うだすぽん」※NHK「みんなのうた」歌唱、作詞、作曲を担当

やがて兄弟は映画にも関心を寄せるようになり

ハナレグミ - 線画

「La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」トレイラー

ハナレグミ - 「Tour What are you looking for」@NHKホール(ダイジェスト)

ハナレグミ - 「おあいこ」(「Tour What are you looking for」@NHKホール)

ハナレグミ – 深呼吸 【Music Video Short ver.】

ハナレグミ
おあいこ【MUSIC VIDEO】

ハナレグミwith 東京スカパラダイスオーケストラ
オリビアを聴きながら

ハナレグミ
空に星があるように

グラムの演劇性の要素を容易に指摘することが出来よう

ハナレグミ・So many tears
オハナレゲエ
【ライブCD『どこまでいくの実況録音145分』より】

ハナレグミ・So many tears
『どこまでいくの実況録音145分』

ハナレグミ
『オアシス』初回盤DVDダイジェスト

ハナレグミ
光と影@日本武道館 

ハナレグミ
ダイジェスト@日本武道館 

ハナレグミ
明日天気になれ

ハナレグミ
明日へゆけ

ハナレグミ
家族の風景

パフォーマンスの芸術性に踏み込んだもうひとつのバンドが